徒然ブリッジライティング

〜粘菌的生き方のススメ〜

妊娠しました!(記事後半にエコー動画あり。苦手な方は閲覧注意)

 

妊娠しました!

 

・ 

 

 

 

想像妊娠ではありませんよ。

 

 

言い直すと、ヨメが身籠もりました!


主語を変えると、僕がはらま(略)

 


・・・ふざけるのはたいがいにしておくとして、


真面目に、嬉しいです。

 

 

今、妊娠5ヶ月目で、安定期に入っています。

 

 

f:id:bridge-writer:20180622203916p:image

 

 

ところでこういう報告って、
普通はブログやSNSにわざわざ書かない人が大多数ですし、

発信を積極的にする方だとしても、
せめて出産したあとちょっとおいてから書くのが大半かと。

 

 

でも、僕はあえて今のこの時期に、公の場で書いています。

 

 


もちろん、安定期に入る前から

妊娠発覚直後には身内に伝え、

最初の数週間(この段階では母体にまったく問題がなくても自然に流産してしまう確率がかなり高い時期)を超えた頃には非常に親しくしている人には報告し、

つわりが出るあたりの時期から徐々に周囲に知らせています。

 


そして安定期に入り、順調に育っているこの段階で、

なるべく多くの人に知ってもらおうと思っています。

(でも拡散希望とか、アクセス数を気にしたりはしませんけど)

 

 

<スポンサードリンク>
 

 

それは、このお腹の中に生じた命の存在が、

先にこの外の世界に出てきている誰かに知られるたびに、

大いに祝福を受けていていることに気づけたので。

 

 

社会制度上は、お母さんのお腹から出て役所に届けてから、

人間として存在が認められることになっていますが、

 

実際はすでに1人の人格としてそこにいるんですよね。

胎内記憶に関する本も読みました) 

 

 

特にその存在感をまざまざと見せつけられたのは、

 

妊娠が確定した瞬間からの

ヨメの変貌っぷり・・といいますか、

なんていうのかな・・、

急に「母と子」という別のポケモンに進化を遂げたような(笑)

 

かなり早い段階から、2人分の人間が

ひとつのカラダに同居していましたよ。

(カンガルー系ポケモンが家の中を闊歩している感じ。笑)

 

すでに毎日、

2人に対してコミュニケーション(挨拶や会話)しています^^

 

 

 

 

一方、僕の方は身体の変化がないもので、

(一般的にそういうもんではありますが)

全然、父親としての自覚も実感もなかなか湧かず(苦笑)

 

ましてや、4月からこんな状態でしたしね・・(汗)

GWというより、月が変わるので区切り的な決意表明を。 独り言みたいなもので長くなるかもしれませんし、読まなくて大丈夫です(笑)     5月からは、「仕事」(=分かりやすい価値を提供して報酬をもらうこと)に重点を移していく流れとなりまして、...

奥山 直輝さんの投稿 2018年4月30日月曜日

 

 

なにはともあれ、

僕自身はまだまだ頼りないままとはいえ、

ヨメの方はどんどんたくましくなってます^^

 

まだお腹の中にいて姿ははっきりしないですが、

みなさんにその存在を知っていただけることで、

より彼or彼女の魂(?みたいなもの)が

輝きを増すような気もしていますので、

今後とも見守っていただけると嬉しいです!^o^

 

 

エコー動画(5秒) 手を動かしている様子がわかります。 

f:id:bridge-writer:20180622204044g:plain

 

 

 

追伸:


あ、そういえばヨメのことなんですが、

今働いている職場は6月に契約が終了し、

7月はまるまるオフ期間とする予定です。

 

そのまま出産予定の11月までずっと在宅で休んでいる、

という選択肢もあるにはありますが、

長い期間じっと家の中だけでおとなしくしているようなタイプの人ではないので、

8月から何か良さそうなお仕事とか、

もしご存知であれば紹介していただけると助かります(笑)

 

 

 

 

追々伸:


上にも書いてますが、先月、

15歳の時からの付き合いの「自然気胸」(肺に穴が開いて空気が漏れてしまう体質)の再発率を下げる手術&入院していました。

 

bridge-writer.hatenablog.com 

これのために4〜6月は、予期せず充電期間みたいになりましたが、

我が子を11月頃に迎える前に身体や生活をあらかじめ整えておく、

という意味では最高のタイミングだった、と思っています。

 

退院後も数週間は右胸の4箇所の傷跡がかなり痛くて行動に制限がありましたが、

抜糸してからは日に日に良くなってきています。

7月くらいからは新たな活動とか、徐々にアクティブに動こうと思っていますので、

よろしくお願いいたします!^o^/ 

 

 

 

 

 

ブリッジライターNAO

 

 

 

<スポンサードリンク>
 

 

読書録(『1分で読書』より)
"粘菌的生き方"とは?(『インターネットと農業』より)

 
 

 

【嫁ごはん】ラーメン好きも納得!パスタラーメン

 

今日の晩御飯、まだ作っていない段階で、

ヨメは「ラーメンを食べたい気分」とのこと。

 

僕はラーメン大好きなので

(とはいえ、しょっちゅう食べるのもよくないので

 月1〜数回以内です)

 

お、じゃあ珍しく一緒に近所のラーメンに行くかな?

ということで、外出の用意をしようとしたところ・・

 

なにやらヨメは思案中。 

 

 

外食か、自分で家で作ってみる、

を自分の内側に問いかけていたようでした。

 

 

 

そして出た結論が、これ!↓ 

f:id:bridge-writer:20180601211719j:image

 

すげぇ!!

 

家でラーメンが出てきた!

 

(当然、カップラーメンやインスタントラーメンの類じゃなく)

 

スープも鶏肉と野菜の二段仕込みの本格派。

薄く醤油は入っているけど、塩と昆布のベース。

 

 

味も、プロのラーメン店をいくつも渡り歩いている僕からしても、

お世辞でなく、お金を取れる味。

 

 

<スポンサードリンク>
 
 
 
 
そしてさらに驚いたのが、
麺は、パスタ(スパゲティ)だそうです。

 

え?気づかなかった。

食べてから、それを聞きました。
 
どうやら、パスタを茹でる際に、
塩の他に重曹を加え、
パスタの茹で時間よりも数分多く茹でることで、
ラーメンのようになる、とのこと。
 
パスタ万能説。
 
家でラーメン食べられるのは、
野菜不足にもならないし、
ボリュームもけっこう十分だし、
いいことづくめ^^
 
 
 
そのあとさらに白桃の寒天ゼリー🎵
f:id:bridge-writer:20180601215321j:image
 
 
 

ブリッジライターNAO

 
 

 

CL決勝レアルマドリーvsリヴァプール全ゴールをgifで

 

こんばんは。

ブリッジライターNAOです。

 

 

今朝は、早起きできました^^

 

サッカーのヨーロッパ中のクラブチームの頂点を決める、

UEFA CL(ウエファチャンピオンズリーグ)の決勝戦を見るために。

 

スペインのレアルマドリーと、

イングランドリヴァプールです。

 

 

(先月、リヴァプールが準決勝を勝った時の記事↓)

bridge-writer.hatenablog.com

 

 

 

急造チームである国の代表チームよりも、

普段リーグ戦をたくさん戦っているクラブチームの方が強いので、

(最高峰のクラブチームの場合)

 

来月に4年に1度開幕するW杯よりも

このCLの方がレベルが高いんですよ。

 

その頂上決戦なわけです。

 

 

その大舞台で、まさかこんなことが!!

 

f:id:bridge-writer:20180527221459g:plain

 

ドイツ人の若手有望ゴールキーパー

イケメンのカリウス選手、

なんとも説明しがたいミス・・・

 

(実は僕、この瞬間をリアルタイムでは、

 ちょっとよそ見していて見逃しました。;  ; )

 

 

 

でも、今度のW杯で日本と戦うセネガル代表の

マネがすぐさま同点ゴールしたのも見事でしたよ。

f:id:bridge-writer:20180527221600g:plain 

気合を感じますね〜

 

 

 

<スポンサードリンク>
 

 

 

 

しかし、交代で投入されて間もないベイル(ウェールズ代表)の

このゴールは驚きました・・

f:id:bridge-writer:20180527222234g:plain

普通にジダン(元フランス代表、現レアルマドリー監督) の

あの伝説のボレーシュート以上じゃん・・

 

 

そして追い討ちに、コレ。

f:id:bridge-writer:20180527222700g:plain

 

え?何が起こったの?

と目をこすりますよね〜

 

ベイルの強烈な無回転シュート、

これは空気抵抗のためにボールが不規則にブレます。

 

こういうのがきたとき、ゴールキーパー

パンチング(拳を固める)で弾くのが定石です。

 

なぜなら、キャッチしようとすると・・

ボールが予測不可能にちょっとブレているので、

非常にファンブル(キャッチし損ね)が起きやすいんですね。 

 

で、実際にこのケースで、それが起こりました。泣

 

 

じゃあカリウス仕方ないじゃん。

罪ないじゃん。

 

・・とはならず、

無回転シュートがきた!というのを見極めて、

キャッチはあきらめてパンチングを選択する判断をするのが

ゴールキーパーとしてのまともな仕事なので・・

 

 

この戦犯になってしまったカリウス選手の

試合後のサポーターへの涙の謝罪に、

暖かい声援を送るリヴァプールサポーター。

 

相変わらずリヴァプールサポーターは良い感じです^^

 

 

ちなみにカリウス選手、

数年前まで、日本代表の岡崎選手と、

ドイツのマインツってクラブでチームメートでしたね。

 

そのときはU-21(21歳以下)のドイツ代表と

表記されていたので、その名を覚えていました。

 

今はこの大舞台で、

こんな形で世界中に有名になっちゃって・・

 

これを乗り越えて、

超一流ゴールキーパーとなったカリウスを見てみたいですね!

 

 

それでは、また^^/

 

 

ブリッジライターNAO

 

 

 

<スポンサードリンク>
 

 

読書録(『1分で読書』より)
神社仏閣参拝記録(『ホトカミ』より)
"粘菌的生き方"とは?(『インターネットと農業』より)