徒然ブリッジライティング

〜粘菌的生き方のススメ〜

【嫁ごはん】シシャモじゃなくて本シシャモ?

 

晩御飯に、大地を守る会の宅配で届いた「シシャモ」

f:id:bridge-writer:20180115215532j:image

 

頭と尻尾含め全部食べるのは当然として、

ほんのり塩味の中に独特の深みのあるコクがあって美味しい!

 

 

で、今日の話は、

これが「本シシャモ」だということです。

 

どゆこと?

 

 

それは、「シシャモ」じゃなくて、

わざわざ「本シシャモ」と明言しなきゃいけないってことなんです。

 

 

??

 

知らない人からすれば、ますます「??」ですよね。

 

つまり、「シシャモ」と思って買って食べているのは、

たいてい、「シシャモ」ではない!

という流通の事情があるんですね。

 

スーパーなどで「シシャモ」と表記されて売られているものは、

カペリン」という、別の種類の魚なんですね。

 

 

!!?

 

!!?

 

 

僕も、このことを今日とか最近知ったわけではないですが、

ずいぶん大人になってから知りました。

 

ちなみに他の魚でも、

けっこう北欧あたりから輸入される別の魚なのに、

日本で昔から一般的に知られた名前と成り代わってしまう例がいくつもあります。

 

(ついでに、コーヒーフレッシュも、全くミルクではない、ということもだいぶ大人になってから知って驚いたものです。苦笑)

 

 

まぁ、シシャモとカペリンについては、

大地を守る会さんの商品ページに詳細な説明を譲りますね^^ 

 

f:id:bridge-writer:20180115220131j:image

 

f:id:bridge-writer:20180115220200j:image

 

 

 

普通のスーパーに並んでいるやつ、

食品偽装表示じゃないの?

と思いますけど、法律的にはセーフなんでしょうね・・

 

でも、法律としては問題なくとも、

かなりの割合の人々(というかほぼすべての人々)に

誤解を与えているのは事実なわけで・・

 

どうにかならんもんですかね?

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジライターNAO

 

 

読書録(『1分で読書』より)
神社仏閣参拝記録(『ホトカミ』より)
"粘菌的生き方"とは?(『インターネットと農業』より)

 
 

 

 

クレジットカードの乗り換え

 

突然ですが、

支払いは現金派ですか?

それともクレカ派ですか?

 

 

僕はクレカ派で、嫁は現金派なんですね。^^;

 

 

クレカ派である僕も、現金で支払うことのメリット、

クレジットカードで支払うデメリット、

というのは実感も伴って知っています。

 

お金がただの数字の表記となってしまい、

約1ヶ月後にまとめて引き落とされるクレカよりも、

 

会計の際に、レジで渡す現金を丁寧に揃え、

買ったモノやサービス、店員さんに対してだけでなく

お金そのものへの感謝の気持ちを込めた方が気持ちいんですよね。

 

そうした方が、お金が循環する感覚が掴みやすい、

というのは分かります。

そういう心のメカニズム、経済のしくみ、とかいうのも勉強したりして

理屈を超えている部分もあるため完全に理解はしていなくても、

なんとなく納得できるな、ということはあります。

 

なので、水道光熱費や税金(市民税や固定資産税)など一部の支払いは

ずっとコンビニで現金支払いしてきました。

 

妻は非常に丁寧に、綺麗にお札を整えて支払いをしています。

 

 

で、その上で僕は、メインはクレジットカードを使うことを選択しています。

 

まぁ、ポイントが還元されておトク、というのが味気ないけど合理的なので

これがまず1点目。

 

次に、支払いの記録が電子データにも(選べば郵送で紙にも)残るので、

会計・経理の作業がラク、という点。

 

3つ目に、支払いの際にラク

 

・・と、このあたりでもういいか、

アタリマエのことしか書けなくなってきましたので。

 

 

今回の記事の主題は、

ポイント還元についてです。

 

1番、味気ないやつ来た・・って感じでしょうか(笑)

 

でもまぁ聞いてくださいよ^^

なんか、夫婦2人で共同で貯めるのに適した、

とあるポイントを見つけたんです^o^

 

それは、ご存知、「マイル」です。

 

 

今まで僕はリクルートカードプラスという、

年会費はかかる(2000円+税)けども、

2%の高い還元率を誇るカードを使っていました。

 

これで月に1000ポイント(=1000円)以上は貯まって、

リクルートビューティー経由で美容院代をほとんど無料みたいな感覚で使えていました。

 

けど、ポイントの使い道がこれくらいなんですね。

もちろんネットショッピングのモールとか、他の電子マネーに変換することもできるのですが、できるかぎり生活全般シンプルでありたいので、

そういう手間は避けてます。

 

 

で、話を戻しまして、

「マイル」に貯めるなら、すごく良いんじゃないかと気付いたんですね。

 

夫婦2人で行きたいと思っているところ(例えば屋久島)があるし、

新幹線や夜行バスよりも飛行機の方が断然良い場所も多いです。

 

食費(大地を守る会の宅配はネットで買ってクレカ支払い)の大部分や、

水道光熱費やケータイなどの通信費のような生活の固定費を、

マイルに集約して貯めることにしてみると・・

 

・・うん、かなり良い。

 

とあるVISAカードで検討していますが、

1000円で9マイル貯まるやつがあります。

 

9マイル=約14.4キロメートル。(1マイルは約1.6キロ)

 

え、1000円でこんなに距離稼ぐんだ?

と気付き、例えば羽田〜鹿児島空港は1000キロ強なので〜

〜と途中計算や詳細は省略しますが、

 

2人で鹿児島まで年間で何往復かできます。

 

すげえ!

 

 

今更気づく遅れ馳せ具合も、もしかしてすごいのかもしれませんけど(笑)

マイレージってすごいんですね〜

 

 

検討中のVISAカードに乗り換えることを即決!

 

 

 

ブリッジライターNAO

 

 

読書録(『1分で読書』より)
神社仏閣参拝記録(『ホトカミ』より)
"粘菌的生き方"とは?(『インターネットと農業』より)

 
 

 

 

マンション猫のある日の夜

 

今日の帰宅時、

マンションの駐車場&駐輪場にて。

 

いつも決まった自転車のカゴの中で寝ている

ハナ(♀、年齢不詳だが10歳以上)に、

帰るたびに挨拶をする日課となっているんです。

 

今日も寒いのでちょっとナデナデしてゴロゴロ言わせて、

さっさと部屋に帰ろうと思うのですが、

近頃は時々もっと時間がとられてしまうことに・・

 

 

そのままカゴの中で寝ていていいのに、

f:id:bridge-writer:20180113224143j:image

こうやって「ぬおーーん」って感じで出てきます。

 

そして駐車場の中を、こっちを振り返りながらニャーと鳴いて誘導して、

とある地点まで連れて行かれるのです。

 

 

それは、マンション敷地内にある水道の蛇口。

 

そこに猫用の水皿が置いてあって、

きれいな水も入っているのですが、

ハナはそのお皿の水は促しても飲まず、なぜか流水を好むのです。

 

「ニャー(水出せ)」と言われるので、

ジャバジャバとはいかない程度にチョロチョロ水を出してあげます。

 

f:id:bridge-writer:20180113224801j:image

 

そのまま水道の水を出しっ放しにするわけにはいかないので、ハナが飲み終えるまで待たねばなりません。

このクソ寒い中(苦笑)

 

しかもまた飲んでいる時間が長いんだコレが。

 

数分はずっと飲み続けているような・・

 

おや、背後にチャチャ(♂、年齢不詳だがハナよりは若そう)が。

f:id:bridge-writer:20180113225546j:image

 

このチャチャって男の子は、

身体は大きめ(むしろぽっちゃり)なのですが、

性格が控えめなのか気弱なのか、

 

楽天的で猫の中でもマイペース具合が著しいハナとは対照的。

 

おや、でも今回は間合いを詰めてきているぞ。

f:id:bridge-writer:20180113225848j:image

 

そうしているうちにハナは水を飲み終え、

もうよさそうか確認した僕は蛇口をひねって水を止めます。

 

そしてチャチャの方へ駆け寄り、

f:id:bridge-writer:20180113225952j:image

軽く頭突き(笑)

 

ハナは人間に対しては声も表情もポテポテした体型とコミカルな動きも全部カワイイのに、

他の猫に対しては攻撃的(笑)

 

ケンカ強そうには見えませんが、

体格の大きいチャチャをいつも圧倒しています。

 

まぁでもケンカになったのは見たことがなく、いつもハナが最初から勝っている雰囲気ですね。

 

そうして寝床に戻るハナと、おれに撫でられに来たチャチャ。

f:id:bridge-writer:20180113230155j:image

(ハナが3本足みたいに見えますが、左後ろ脚でアゴのあたりを掻い掻いしています。)

 

 

こうして今宵もマンション猫の夜は更けてゆきます。