徒然ブリッジライティング

〜粘菌的生き方のススメ〜

【文字起こし】【参政党】街頭演説by吉野敏明@新橋2022年2月11日「ベーシックインカム」

 

YouTubeやニコ動などで消されてしまう前に残したい。

・耳が聞こえない人にも向けて。

・ちょうど今は動画・音声は都合悪いけど文章だけなら大丈夫、という時に。

・手早く内容を知りたい場合。(速読できる人でなくとも動画・音声の倍速再生以上に早いはず)

・動画・音声よりも文字情報の方がコピペがしやすく拡散・保存も容易です。

 

⇒つまり多くの人へ届けたい!シェアお願いします!

 

(※動画主に文字起こしの許可をいただいています)

 

f:id:bridge-writer:20220220080550j:image

========

 

まあ、追加ですけども、先ほど言ったように、医療費というのが1983年当時は6.5兆ぐらいしかなかったのが、今50兆弱です。で、そのお金が43兆円以上増えているのに、病気も減ってないし、景気も良くなっていない。なぜかって言ったら、その多くが無国籍ビックファーマに流れているからです。税金をあげて、我々がひいひい言って払った医療費のお金が、外国に流れている。これが、もう最大で20兆から30兆くらい毎年毎年毎年毎年流れている。これでベーシックインカムで医療費でまた使ったらまたもっと流れちゃう。なので私はですね、あのーいわゆる竹中(平蔵)さんとか、れいわ(新撰組)さんとかが言っているような、ベーシックインカムの使い方は、個人的には反対です。それよりももっと、今、赤尾(共同代表)が言ったように、すぐやんなきゃいけないところがある。

これは、昨日もっちょっと言いかけましたけど、治水事業です。河川の氾濫を防ぐとか、それからダムを作るとか。これですね、1997年がピークになっていて、当時だいたい年間2.2兆くらい使ったのが今7千億くらいだから3分の1ぐらいになっている。この20年間で川の氾濫がだいたい2倍になっているんです。で、降雨量もそんな減っていない。じゃあなんでなっているんだって、昨日ラジオで温暖化じゃないの。治水してないから!(と言った)

 

<スポンサード>

f:id:bridge-writer:20220223053715j:image

 

ここは、毎年数兆円の投資をしないといけないんです。これをこの20年間、もう30年近くやっていないから、大変なんですよ。で、この国家百年の計らいを考える時に、もっと治水にお金を入れないとですね、人が死ぬんです。それと、日本には、まだダムが作れる場所が1万箇所以上ある。今すぐ作ろう思って発電に使えるところも20箇所くらいある。これこそSDGsですよ。本当に二酸化炭素なんか一切つくらないで、で、太陽光パネルなら捨てるところ困らないで、ね、風力発電もそう、壊れたらどうするんだと。

水力発電は)昔からやっていたの。昔からやっていたのに、プライマリーバランスを組む時間・・ま、この話をすると長くなりますけど、要するに借金するな、借金を今ある税金で返しなさいと嘘の理屈を押し付けられて、最初に減らしたのは実はこの建設関係の予算なの。これによって、人が死んでいるわけですよ。これもうちょっと増やすと、政府が使うお金だから、必ず使うんですね。

このー、みなさんにお金を配る最大の問題は、老後のために貯金されたら、何の意味もなくなるということ。だから絶対に使うところですぐ効果があるところは治水だとか、上下水道の整備です。それから医療費の削減をして、これは、医療費の削減というのは老人に早く死になさいとか、病気の人を治さないじゃないですよ。無国籍ビッグファーマに流れるような医療体制を確実にやめる。その上でのお金を配るというのが正しい理屈です。そうじゃないと、ただ配っても、仕組みが間違ってるんだったら、例によって変なところに流れて行ったら、結局我々は、また豊かじゃなくなっちゃうから。私が言いたいたいのは、そこです。

 

 

#参政党

 


www.youtube.com

 

 

ブリッジライターNAO